土曜日診療武蔵新城の歯医者|歯周病専門・歯周外科・審美歯科
TEL.044-740-0071 9:30~19:00 木・日・祝休診  rss

ブログ

2018

1/31

歯ぎしりに注意!

[ギリギリ] [ゴリゴリ]などと不快な音がする睡眠中の歯ぎしりは、歯に深刻なダメージを与える事もあるので注意が必要になってきます。睡眠中の歯ぎしりは、無意識に起こりますのでご自身で気づかれていないケースが多くあります。この歯ぎしりは専門用語でブラキシズムと呼ばれるもので、以下の二つのタイプに分けられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

睡眠時ブラキシズムは[グラインディング]と、歯を食いしばる[クレンチング]に分類されます。

グラインディグは(ギリギリ) (ゴリゴリ)などの音が出るため家族に指摘されて初めて気づかれる方も多いいでしょう。他方クレンチングは全く音がでないため、自分も家族も全く気付かないまま歯ぎしりを繰り返しているケースが多々あります。歯ぎしりの原因は完全には解明されていませんが、歯ぎしりに関係するとされる要因はいくつかあります。

ストレス 病気 服薬 喫煙 飲酒 かみ合わせ カフェインの摂取などがあります。また親も自分も歯ぎしりがひどいというケースでは遺伝的要因も考えられます。

歯ぎしりの悪影響としては、歯がすり減る、折れる、歯の根元が楔上に削れてくる、詰め物が割れる、顎関節症状を誘発するなど多くあります。すべて睡眠中の事ですので自分の努力で改善することは難しく樹脂製のマウスピースを装着して歯を保護してあげる必要があります。

心配な方は、かかりつけの歯科医院に相談してみてはいかがでしょうか。