土曜日診療武蔵新城の歯医者|歯周病専門・歯周外科・審美歯科
TEL.044-740-0071 9:30~19:00 木・日・祝休診  rss

スケーリング

歯周ポケットの測定

歯周ポケット歯周病の進行具合を測定するために、まずは歯周ポケットの測定を行います。

歯周ポケットとは、歯と歯ぐきの溝の深さで、健康な人の歯の歯周ポケットは、通常2〜3mm以内です。この正常値を超えて、深い歯周ポケットを持つ歯は、何らかの病的な問題があり、歯周病を疑う必要があります。
歯周ポケットの測定は、歯科医院にて専門の器具(プローブ)を用いて行います。

スケーリング

スケーラーという専用器具を使い、歯周ポケットにある歯石を除去していきます。スケーラーには、ハンドスケーラーと超音波スケーラーとがあり、超音波スケーラーは、超音波の振動により硬い歯石を砕く事ができます。
この処置は、歯を削っているのではなく、歯石を削る作業です。歯石をキレイに取ることで、歯周病菌を減らすことが可能になります。

ルートプレーニング

ルートプレーニングスケーリングでは取りきれないほど、深い所にある歯石は、ルートプレーニングという処置で取り除きます。スケーリングの処置よりも、より深い位置にある歯石なので、痛みを伴う場合があるので、麻酔をした上で歯石を掻き取ります。
麻酔をしているので、処置自体の痛みはありません。