土曜日診療武蔵新城の歯医者|歯周病専門・歯周外科・審美歯科
TEL.044-740-0071 9:30~19:00 木・日・祝休診  rss

歯ぐきの再生治療

歯が長く見えてしまう場合は歯ぐきの再生治療

重度の歯周病後、歯周病は治ったが、下がってしまった歯ぐきにより、歯が長く見えてしまい見た目がとても気になるというケースがあります。
歯が長くみえてしまうのは歯周病が治ったため、歯の炎症がおさまったためです。

もちろん、歯周病以外のケースでも、歯ぐきが長く見える事があります。その場合には、歯ぐきの再生治療を行うことが可能です。

歯ぐきの再生治療(結合組織移植術)

歯ぐきの再生治療の一つに“結合組織移植術”というものがあります。歯周病以外のケース(歯の破折・位置の異常など)でも適応します。
結合組織移植術は、上顎の内側の歯ぐきを切開し、下がってしまっている歯ぐきの上皮と骨膜の間にそれを移植する手術です。
ご自身の組織で行いますので、安全です。
万が一、広い範囲で移植が必要な場合には、ご自身の組織ではなく、皮膚の移植材などを使用する場合もあります。

施術

img60
歯茎が退縮し、歯根が露出しています。

施術後

img61
別の部位から採取した歯茎を歯根が露出した箇所に移植します。

歯肉弁側方移動術

歯肉弁側方移動術という手術では、下がった部分の歯ぐきの位置を移動させ、露出した歯根面を覆います。下がった部分の両側の歯ぐきを引っ張る手術です。

施術

img62
露出した歯根部分の周囲(左右)の歯茎を切開します。

施術後

img63
周囲の歯茎を中央に引っ張り、露出した歯根部分を隠します。

歯肉弁歯冠側移動術

歯ぐきの位置を移動させ、露出した歯根面を覆う手術で、同じ歯の上の歯ぐきをひっぱり、歯冠側に移動させる手術です。

施術

img64
露出した歯根部分の周囲(上部)の歯茎を切開します。

施術後

img65
周囲の歯茎を下に引っ張り、露出した歯根部分を隠します。

フリーグラフト

Before

After
歯肉の厚みが薄くインプラントの金属が透けているのが見えます。
この状態のまま歯をかぶせても長期的な維持、安定は期待できません。

After

After
口蓋より厚い歯肉を移植しました。
硬い歯肉により歯グキの退縮や歯周病に対する抵抗性を高めインプラントを
安定させることができます。