土曜日診療武蔵新城の歯医者|歯周病専門・歯周外科・審美歯科
TEL.044-740-0071 9:30~19:00 木・日・祝休診  rss

CGF・AFG再生療法

CGF・AFGによる再生療法

私達の血液の中に含まれるフィブリンという成分には重要な役割があります。
怪我をして血管が破れると、その血管の穴を埋めるために血液中の凝固因子が刺激されてフィブリンという物質が形成され、傷口をふさいで出血を止め傷の治りを促進します。
現代の医学では自分の血液から多くの成長因子をもつフィブリンを取り出すことで、骨や歯周組織の再生や回復を早める治療が可能となりました。

CGF(Concentrated Growth Factors)とは

CGFとは、サイトカインを多く含んだ自己血液フィブリンゲルを人工的に作製したものです。
患者さんご本人から採血された血液に添加物(抗凝固剤や凝固促進剤)を一切加えずに遠心分離機にかけて作製します。
患者さんご自身の血液による、完全自己血液由来のフィブリンゲルですので感染リスクを可及的に軽減することが可能です。

CGFは、損傷された組織の再生・治癒に働く「成長因子」を多く含んだ血小板がさらに濃縮されているもので、以下の利点があります。

AFG(Autorogous Fibrinogen Glue)とは

AFGとは、抗凝固剤が入っていない血漿の事で自然な状態に最も近い血漿です。
血漿は毛細血管を介して組織液と循環する事で各細胞に栄養やホルモンを運ぶ働きがあります。

AFGに骨補填材を混ぜることによりゲル状に固まるため、大幅な操作性の向上が可能となりました。
このため、インプラント埋入時の骨造成、歯周外科、GBRなどの外科処置が、格段に効率よく行えるようになりました。

CGF・AFGの作製手順

ステップ1

採血を行います。
img6723Gの細い翼状針ですのでほとんど痛みは感じないです。

ステップ2

CGFはガラス管でAFGはプラスチック管で遠心分離を行って抽出します。
img68
15分前後の遠心分離を行うことにより、 血液中の血小板や赤血球が分離されます。

ステップ3

血小板濃縮フィブリンゲルを取り出す。
血小板濃縮フィブリンゲル
左の写真(AFG)AFGと骨補填材を混ぜることにより一塊となり飛躍的に操作性が向上します。
右の写真(CGF)成長因子や血小板を多く含んだ完全自己血液由来のフィブリンゲル。歯周組織(骨、歯肉等)治癒を促進する成分を多く含んでいます。

ステップ4

再生治療に使用。
左の写真:インプラント埋入時の骨造成 歯周外科 GBRに使用します。
右の写真:押しつぶすことによりメンブレンとしても使用できます。