土曜日診療武蔵新城の歯医者|歯周病専門・歯周外科・審美歯科
TEL.044-740-0071 9:30~19:00 木・日・祝休診  rss

ブログ

2017

3/13

【歯を無駄に削らない!】ファイバーポストコア(直説法)について

歯を残すために重要な事

当院、太田歯科クリニックの診療方針は、“できるだけ歯を削らない”という考えで、日々歯科治療に向き合っています。よって、日々の診療においては可及的に歯を削らないような治療法を選択し、患者さんにご説明の上、治療をご提供しています。

もちろん、診断において削る必要のある部分は削ります。しかし、削る量はできるだけ少なくすることで、健康な歯へのダメージを少なくすることができるのです。

なぜ、歯を削る量を少なくする必要があるのでしょうか?それを知っていただくためには、まず最初に、大切な歯の解剖についてご説明をしなければなりません。歯というものは、どのような成り立ちで、私たちのお口の中に存在するのかを知っていただく必要があります。

下記のイラストをご参照ください。

皆さんも御存知の通り、健康な歯の表面はエナメル質と呼ばれています。エナメル質はとても硬く、食べ物をすりつぶしたり噛み切ったりする大切な歯の表面です。そして、歯の根っこの方にいくと、表面はセメント質というものに覆われるようになります。セメント質は歯根膜につながれるように顎に固定されています。歯の根っこが顎の骨と一体になっていることにより、私たちは食べ物を食べることができるのです。

さらに、歯の根っこの中を解説します。

エナメル質やセメント質の内側には象牙質があります。この象牙質は比較的柔らかく、中に歯髄と呼ばれる歯の神経の束を格納しています。この歯髄が血管とつながっていて、全身を巡ってくる栄養と酸素を含んだ血液を取り込みます。

この歯髄と呼ばれる神経の束が非常に大切です。虫歯が進行してしまい、神経をとらなければならない状態になると、とたんに歯の中に血液を取り込む機能が失われ、最終的には歯は抜け落ちてしまいます。

歯の健康を維持するために、最も重要なのが、この神経を温存することなのです。虫歯の進行と共に、どんどん削られ小さくなってしまう歯は、その寿命を短くしているという事と同じ意味を持ちます。

歯の根っこの治療(根管治療)を丁寧に

当院では、できるだけ健康な歯を維持するために、歯の根っこの治療も丁寧に行います。歯の根っこの治療は、最も『再治療』の多い歯科治療の一つでもあります。いい加減に治療してしまうと、結果、歯の寿命を短くしてしまいます。

歯の根っこの治療は『根管治療』と呼ばれています。

歯の根っこまで進行してしまった虫歯は、削る必要がある部分を削り、細いリーマーという器具で綺麗に清掃し、薬液で満たして治療します。時々、歯の根っこの治療を初めて、途中で来院しなくなってしまう患者さんを見かけることがあります。これは非常に危険ですので、できるだけ最後まで治療を続けて下さい。中途半端な状態で治療を中断してしまうと、状態が悪化してしまう場合があります。特に歯の根っこの治療(根管治療)は、歯の治療の中でも、非常に重要な治療です。

ファイバーコアポスト(直説法)とは

ここで注目したいのが、神経をとってしまった後の歯の治療です。やむなく神経を取らざるをえない状態になったとしても、その後の処置をきちんと行うことで、良好な経過をたどることができます。

特に失活歯(神経がすでに除去された状態の歯)においては、細心の注意が必要になってきます。(前述した通り)神経を取ってしまうと、歯への栄養供給が遮断され乾燥し、脆くなってしまいます。

また、差し歯などの被せ物をする場合には、歯の補強や歯質保存の目的で支台築造と呼ばれる処置が必要になってきます。そこで当院では、歯を削る量を最小限にするために、(健全歯質保存の目的に)ファイバーコアポスト(直説法)を推奨しております。実はこのファイバーコアポストは、数年前より、保険適用になりました。それらのことにより、治療頻度も増してきています。

コア

上の写真を御覧ください。

上の写真はメタルコアと呼ばれるものです。このメタルコアは、型を取って金属で歯を補強する方法です。歯に金属を接着させるため、歯の中を外開きに削るため無駄に歯質を削る必要がでてきてしまいます。また金属の材質によっては歯質に様々な悪影響を及ぼし色調も審美的ではありません。金属が硬すぎるため、破折を引き起こす要因にもなります。

(特に金属類はアレルギーの心配もありますので、できるだけメタルフリーにしたいものです)

ファイバーコア

それと比較して、上のファイバーコア(直説法)は、流れのいい補強材を流し込み、歯がデコボコな状態であっても緊密に歯を補強することが出来ます。歯を削る量も感染歯質とポストの入る穴のみで済むので、最低限の削除量ですみます。また光の透過性が高いため前歯のセラミックなどではより審美的な満足を得る事が出来ます。

つまり、より美しく仕上がるということです。是非、ご相談ください。

1489220582019

当院では、数年前に保険適用での認可がおりたGC社製のファイバーコアポストを使用しています。また、補強材には世界的にも高い信頼度を誇るクラレのクリアフィルを使用しております。

歯は噛む力が加わるとたわみます。歯と一体となってたわんでくれる適度な弾力のある材質のため、歯の破折防止という意味合いでも大変効果があります。