土曜日診療武蔵新城の歯医者|歯周病専門・歯周外科・審美歯科
TEL.044-740-0071 9:30~19:00 木・日・祝休診  rss

GTR法

GTR(組織再生誘導)法とは

重度歯周病の外科的治療法のひとつに、GTR法という外科手術があります。
GTR法とは、Guided Tissue Regenerationの略で、歯周病などにより破壊されてしまった、歯肉・歯根膜・歯槽骨などの歯周組織の再生を行う治療法です。

本治療は外科治療ですので、口腔外科領域の治療を行っている歯科医院でなければ受けることはできません。当院では、GTR法の手術も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

歯周病が進み、溶かされてしまった歯槽骨などは、そのまま放置しても再生されることはありません。その理由は、周りに存在する歯肉が、溶かされてしまった歯槽骨や歯根膜を覆ってしまい、再生されるべきスペースを埋めてしまうからです。

よって、歯槽骨が回復されるまでに、十分なスペースを開けておけるような歯周組織の再生を行う治療がGTR法です。

GTR法の流れ

まずは、歯周ポケット内をキレイに清掃したあとで、メンブレンと呼ばれる人工膜で歯周組織が再生するスペースを保護します。

こうすることで、歯肉などの軟組織が埋まらないように阻止できます。

こうしておきながら、骨が再生するまで、この環境で待ちます。この間は、粘膜の侵入を防ぎながら、歯槽骨や歯根膜の再生できるよう清潔な口腔内環境を維持します。

歯槽骨が再生される期間は、個人差はありますが数ヶ月程度とお考え下さい。
歯槽骨や歯根膜が再生したら、メンブレンを除去できます。

治療後は、定期的にメンテナンスにおいでいただき、歯周病の再発を防いでいきます。

GTR法